2006年05月08日

奥多摩斥候ツーリング

奥多摩斥候ツーリング

日時:2006年05月01日(月)

はい、行ってまいりました首都・東京。
その都会的なイメージとは裏腹に都下にもしっかりと未舗装の林道があるのであればとGWで賑わう街を抜け、初の奥多摩方面へと斥候に向かいます。

そんな呼びかけに名乗りを挙げた侠(おとこ)2名。事前に「迷子必至」「ルート・ゲートは未定(いいかげん)」「ピストンばっかり」という予告にも関わらず「時間、あったので〜」「静岡のリベンジ!」との事で、実に頼もしい限りです。

集合時間をギリギリ、やっとのことでJR青梅線「古里」駅付近のコンビニに到着。すでにぽせい丼号@WR−F、イトキン号@XRの2台、青と赤の強烈なコントラストが目に飛び込んできます。挨拶もそこそこにGPSを頼りに林道を目指そうとしますが、まーったく土地感が無く右往左往しまくり。

IMG_2313_0508.jpg

ブーイングが出る前にやっとのことで未舗装路に入線するも予告通りのショートピストン路線。
その後、少々長めの未舗装路線をピストンし、次にGPSが指し示した路線入り口で「ここ、何年か前にBJ2で走ったことある・・・・」とイトキンさん。おおっ、再来になるんですね。

IMG_2322_0508.jpg

入り口から舗装路がしばらく続きます。途中に熊のものと思われるンコに一同身震いしつつ、路面はダートへと変化します。さらに橋を渡ると路面状況はどんどん悪化。もう無理!と(今にして思えば遅すぎる)判断し、後ろを振り向くと・・・・。この後に山の中に「せーの!」の掛け声がこだまします。

IMG_2325_0508.jpg

イトキン号@XR。コイツがまさに反抗期真っ盛りで、イトキンさん渾身のキック始動を嘲笑うが如く始動しようとしません(不整地でのキックって疲れるンですよねぇ)。そのくせ他人がキックするとフツウにかかっちゃったりするもんだからオーナーはさぞ歯痒いもんでしょう。

IMG_2326_0508.jpg

そして一行は日原周辺へ。この辺も「林業関係者以外の走行禁止」に阻まれ、とある路線では強行偵察を試みるも崩落工事中て撤収。

IMG_2332_0508.jpg

さらに強固なゲートで通行止めになっている路線では「バリバリの黒髪遺体」の情報板が。

IMG_2333_0508.jpg

なんだかんだで思いの他に未舗装路があるものの林業関係者のみしか通行できなかったり、決して強制力がある訳ではないゲートに阻まれたりと常に走行可ということではありませんが、比較的石の多いちょいガレのダート路面は千葉や埼玉のそれとは明らかに異なり、それなりに楽しめる?かもしれませんネ。

IMG_2318_0508.jpg

(いちろう@BJ2)
posted by BJ2 at 14:45| Comment(3) | TrackBack(0) | ツーレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お〜、帝都東京の林道、侮り難しデスね。イトキン号が立ち往生してしまうのでは独逸娘で侵入など無謀も甚だしい処ですか?
Posted by ロプロスK at 2006年05月08日 17:33
結構楽しめました。

流石にGSではスタックしたポイントまでは無理っす。どうしても…とお考えの場合はウインチの装着をお願いします。
つか冷静に考えるとアソコは行くべきではなかったっす。
Posted by いちろう at 2006年05月08日 21:51
失礼いたします
Posted by エロ at 2008年01月26日 00:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。