2006年08月21日

突如復活丹波ツーリング

日付:8月13日(日)
参加:
 怪鳥ろぷろすkさん(BMW GS)
 Sasaoさん(WR250F)
 ぽせい丼(WR250F;レポート担当)

――――前日
午後からスコールがあり 明日も雨が降りそうなので、明日は中止とメーリングリストに流す。が、Sasaoさんの猛烈なラヴコールで集合時間を1時間早めて決行することで復活。

――――当日
6:30
早めに目覚め、出発。エンジンのかかりが悪く、タンクを覗くとガス残量が少ない。
途中でスタンドに寄ればいいやとそのまま進むが3km程で完全ストップ。ガスが完璧に空
悪い予感の中、もしかしたらイトキンさんと同じ病状かと思いつつ比較的近くにスタンドがあることを思い出し、ペットボトルを拾って徒歩でスタンドまで汗だくで往復。30分のロス。
ガスを少量補給し、コックを点検してびっくり。コック付根にクラックが入ってガスが漏れている
このタンクはオークションでゲットしたビッグタンクでクラックは気が付いていたがお漏らしはなかった。
諦めようかとも思ったが、自分が行かなけりゃ2人は路頭に迷ってしまう。
ガスを漏らしながら帰宅し、あせりまくってノーマルタンクを探して交換。45分ロス。再び汗だく。気を取り直して再出発。

9:40
集合場所(古里駅前)到着。1時間強遅れとなってしまった。集合時間を早めておいたことが不幸中の幸いだった。お二人にはご迷惑をかけました。(m(__)m)

1本目 ちょっと迷って真名井線 (ピストン片道5km)
先日いちろうさんが開発した林道。高度を上げるほどにガレてくる。Sasaoさんがニューモトクロスタイヤで石を蹴散らしてかっとんで、あっという間に見えなくなる。久しぶりにマジ走りのSasaoさんを見た。独逸帰りで巨体の独逸娘GSにて参加のろぷろすkさんはガレ場をものともせずに駆け上がってきた。小休止。Sasaoさんのリアウインカーが振動で折れ、応急処置。縦に直付したら結構カッコ良い。

10:30〜11:30
リエゾン。お祭りをやってたりして、奥多摩街道はちょい混み。

11:30〜
2本目 後山線 (ピストン片道10km)
快適なフラットダート。結構長い。上りきったところで昼食。先日の悦楽園の話で盛り上がる。
ろぷろすkさん・Sasaoさんは今度大盛を食べたいとのこと。(←ウソですよ)

13:00〜
3本目 泉水谷線(完抜10km)
2本の林道が接続された林道。奥多摩側は川沿いでチョイギャップあり、後半はフラット。途中でアベック(←死語)のオフローダーが休憩しておにぎりを食べていた。彼女といっしょとはうらやましい
オプションの大ダル林道は疲労のためパス。

14:00〜
リエゾン。柳沢峠〜大菩薩峠。
砥山林道を探し、分岐を入るが間違えたようで元の道を引き返す。他には分岐はなく、そのまま走るとなんと砥山林道の出口側まで来てしまった。やっぱり先ほどの分岐でよかったのだ。8Lノーマルタンクに戻したぽせい丼号のガスが乏しいため今回は泣く泣くパス、残念。

15:00〜
ガス補給&道の駅にて休憩。同じWR250Fながら、
- Sasao号燃費 25km/L
- ぽせい丼号 16km/L
どうしてこれほどの違いが出るのか不明。心配していたスコールにも遭わなかった。
休憩後に解散。
帰路の道路は結構混雑していました。
遅刻の件、砥山線パスの件、至らなくお許しください。

posted by BJ2 at 17:50| Comment(4) | TrackBack(1) | ツーレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。